聞き書き『モガ・鹿乃ちゃんの百年―日本美術学校』

モガ鹿乃ちゃん2

日本美術学校は豊多摩郡戸塚町(現・新宿区早稲田)にあった。鹿乃子によれば学校は高田の馬場に在った、という。

 

 

 

紀淑雄 きの-としお

1872-1936 明治昭和時代前期美術研究家。
明治5年4月22日生まれ。東京専門学校(現早大)を卒業し,母校講師をへて明治44年早大の教授大正6年独力で美術研究所(翌年日本美術学校改称)を創設,初代校長をつとめた。福地復一との共著「日本帝国美術略史」がある。昭和11年4月15日死去。65歳。東京出身。日本で初めての週刊誌「婦女新聞」の記者だった。子に受験をすすめた。

 

三年制で、当初女子は3名いたが一人は秋に病死する。一人は中国人だったが、入学した昭和6年の918日に満州事変勃発のため帰国し、鹿乃子は図案科で紅一点となる。

昭和9年に卒業。21歳。卒業アルバムの鹿乃子はなかなかカッコイイ。おしゃれだが、意思の強そうな表情だ。

 大正末期から昭和初期のモボ・モガは流行の洋装を身につけた不良的な若者たち、という意味合いが強かったが、時代の先端をいく存在でもあった。

 美術学校の講師の一人が謙吉で、その講義ぶりは鹿乃子の記憶に鮮やかだ。つかつかっと教室に入ってくるなり「今日の課題は○○○」と告げると、またつかつかっと出ていく。

もう一人の古田立秋は丁寧な説明をするので、二人の対比がおもしろかったという。

在学中、漆芸家・磯矢阿伎良(ルビ・いそやあきら)の自宅の工房にも通った。

磯矢は美校・漆工科出身で、生活に密着した「用即美」の漆工芸を提唱し、当時の作品の絵ハガキ(箱)を見ると、とてもしゃれている。

 

聞き書き『モガ・鹿乃ちゃんの百年-選挙』

モガ鹿乃ちゃん1

 

 

 

 

今日は投票日。記憶できる時間が短くなっているので、予定は直前に伝えることにしている。「今日は選挙だけど、行く?」当然のように「行くわよ」。
着替えの間中「投票用紙は?」を何度も何度も繰り返す。さて、ステッキを持って、いざ出発。62段の階段を降り、車に乗り込む。私の車は車高があるので、脚をしっかり上げないと乗りにくいが、あえて手伝わない。シートベルトも手伝わない。さあ、行きましょう!と思ったらレバーに母のシートベルトが巻きついていた・・・もう手伝わないとダメかな・・・。

小学校に着いてポケットにいれた投票用紙を出す直前に「コレが投票用紙なの?」とじーっと眺めている。係の方が手を差し出しているのに、なかなか渡さない。そうか、これは投票用紙その物ではないと考えているんだ・・・。
記入は難なくできる。68年間応援している党があるからだ。記入をすませると「名前だけでいいの?」と何度も言い、投票箱に入れるのに未練がましく手を離さない。

鹿乃子は一般女性が参政権を得られてから、最初の一回をのぞいて地方選挙も含め、投票を欠かしたことは無い。第一回は1946年4月10日、戦後初の衆議院選挙だった。
その年の3月29日、夫と、間もなく4歳になる私とともに中国から引き揚げ、京都を経て、鎌倉七里ガ浜の姉の家に転がり込んだから、最初の投票はできなかった。

帰りの車中で「棄権したことはないの?」「ない」ときっぱり言い切った。
「投票について人に相談したことも、ない」「自分で決めることだからネ」
「小さい頃から家の中で政治のことは、皆よく話していたから、関心があった」。

投票皆勤賞をあげよう。

101歳と21日。晴れ。

 

 

『モガ鹿乃ちゃんの百年―全て世は事も無し』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

文字通り今日は鹿乃子が生まれて百年。
格別のこともなく日が暮れていきました。午後は車で10分ほど離れた「寺家ふるさと村」へ散歩に。木立の中にあるカフェでお茶をしました。

2014年11月22日ふるさと村
そのお店につくまでには、坂あり階段ありなのですが、ゆっくりゆっくり登って到着。
ロイヤルチャイとワッフルをいただきました。

のんびり帰宅してフッとよぎったのが、タイトルにした一節。
「何の詩だっけ、思い出せない」。

時は春、
日は朝(あした)、
朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這い、
神、空に知ろしめす。全て世は事も無し。

(ブラウニング「春の朝」上田敏・訳詩集『海潮音』1905)

春ではなく、初冬だけれど・・・

 

今和次郎の「修業」

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

鹿乃子用の小さな木製の古い机には、虫眼鏡、メモ用の紙、鉛筆、何度も読み返している読みかけの本などが置いてある。昭和44年刊行の『続 美しい老年期』を見つけた。「新しい老年生活の曙」という<座談会>(今和次郎・田中千代・杉村春三・東畑朝子)のなかで、今和次郎の言葉に惹かれた。

― 今先生のそもそものご専門は何だったのでしょうか?
― 自分でもわからんのですよ(笑)。育つのに20年、絵画に10年、農村を歩いて10年、建築に10年、衣服10年、家政学10年、哲学に10年、それで80年経ったわけです。私は絵描きの学校を出たので、いまでも道楽に絵を描いていますよ。早稲田では建築を教えていましたがこれは門前の小僧です。いまは商売もおもしろいと思って勉強しているのです。私は老人になっても、いつまでも好奇心を行使しなくちゃならんということを念願としています。たれでも好奇心は大切だといいながら、それを豊かに育てる修業をおろそかにしていると思うのです。(後略)

今和次郎著『草屋根』今和次郎著『草屋根』 (昭和21年・乾元社)

今 和次郎(こん わじろう)は、民俗学研究者。 民家、服装研究などで業績があり、「考現学」を提唱し、建築学、住居生活や意匠研究などでも活躍した。 東京美術学校出身の画家でもあった。昭和5年刊行の『考現学モデルノロヂオ』(春秋社)は鹿乃子の夫となった吉田謙吉と共著。

鹿乃子は明日、百一歳をむかえる。朝食の時の会話。
「お母さん、明日お誕生日会するからね」「あら、そう、アタシは幾つになるの?」
「幾つだと思う?」「うーん、うーん、百一歳?」パチパチパチ(拍手)「正解!」。
「長生きするのも大変だよ。いや、アタシはいいんだけどね、周りがね。転ばないように、とかネ」「自分で死ぬわけにいかないからネ。長生きするのも大変なんだヨ」。

 

 

 

 

 

聞き書き『モガ鹿乃ちゃんの百年―ツジバイオリン』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

週2回通っているデ―サービスではコーラスの時間がある。歌詞カードを見ながら唱歌を皆で歌うのだが、若い頃に覚えた歌は80年以上経っても忘れないようだ。
11月20日には家族を呼んで発表会があるので、介護士の方たちも熱心に指導してくださっているらしい。

昨日の散歩の折り「どんな歌を練習しているの?」と聞いてみたら「そんなこと、いきなり聞かれたって分からないヨ」とつれない返事。5分ほど歩いているうちに「あー、そうだ」といきなり「♪ギーンザノヤーナギィ」と歌いだし、2番まで歌い通す。ギンザノヤナギの部分だけは私も知っていたが歌い出しも知らなかったし、後が続かない。「よく知ってるねー」「あら、珠江ちゃんは知らないの?」「・・・・・・」。

歌い終わると「子どもの頃、お兄さんに四谷の露天に連れられてよく行ったヨ。ツジバイオリンがいてね、そのときの流行り歌を歌って、歌詞を書いた紙を売るんだけど、簡単な歌はすぐに覚えられるから、紙は売れないネ」
「ツジバイオリン?」「バイオリンを弾く人と、歌う人と二人でひと組の辻バイオリン」。今でいう路上ライブ。
「どの家にもラジオがあったわけじゃないから、流行りの歌は辻バイオリンで聴いたり覚えたりしたよ」。

露天では「かき氷」も売っていて、兄は時々ご馳走してくれた。砂糖水をかけた「氷すい」は五銭、いちごシロップは十銭、小豆がのったのは十五銭。兄がご馳走してくれるのはいつも氷すいだった。「本当はね、小豆のが食べたかったけど、そんなこと言えないからね。今の子どもたちは、アレが食べたい、コレが食べたいってって言うけど、昔はね、そんなことは言えなかったよ」。

「銀座の柳」はいつのまにか「氷すい」の世界になっていく。

銀座の柳(1932年)
作詞:西条八十
作曲:中山晋平
歌唱:四家文子
制作:滝野細道

(一)
植えてうれしい 銀座の柳
江戸の名残りの うすみどり
吹けよ春風 紅傘日傘
今日もくるくる 人通り

(二)
巴里のマロニエ 銀座の柳
西と東の 恋の宿
誰を待つやら あの子の肩を
撫でてやさしい 糸柳

 

 

 

ミレーの「種をまく人」

8月22日、山梨県立美術館で開催中の「生誕200年ミレー展」に行った。お目当ては「種をまく人」。もうひとつ、美術史家・飯野正仁氏による講演「<種をまく人>の精神史・聖書の中の<種をまく人>・絵画の中の<種をまく人>」。面白かった!

ミレ―展表

ミレーは同じタイトルで5点描いている。そのうちの3点がまとめて見られる。なぜ「種をまく人」に私が関心を持ったかというと、『そば学大全―日本と世界のソバ食文化』(俣野敏子・著 平凡社新書)にミレーがまいているのはソバの種だ、と書かれていたからである。ミレーはフランス人、だからフランスパン、だから麦でしょう、という思い込みで何十年も生きてきた。何の種をまいているのか?なんて考えたこともなかった。いつか、どうしても本物の「種をまく人」が観たかったのだ。なぜムギではなくソバなのか?
ミレーの故郷は、フランス北部ノルマンディーの海港シェルブールから西に15kmのグレヴィルの町海岸沿いのグリュシーというちいさな集落だ。ここはムギ栽培の北限を超えているため、サラセンソバと呼ばれる穀類が作られているそうだ。

ミレ―種まく人上は山梨県立美術館所蔵の「種をまく人」(油彩 1850)。同館の常設展のチケットになっている。

種をまく人3
こちらはウエールズ国立美術館寄託の「種をまく人」(油彩 1847―48年)
ほかにリトグラフの「種をまく人」も展示されていて、これも素晴らしかった。
以下は飯野氏の講演の受け売りだが、この農夫が立っている大地は斜面であるため、ムギの栽培には適していないことも挙げられていた。そして後方の牛に注意を促した。ただの景色として描かれたのではなく、ソバの種をまいたあと土をかけるために牛がひく鍬が描かれているのだ、と。飯野氏曰く、絵には主題のほかに遠くや足元に描かれているものに注意すると、歴史や時代的な背景が分かる、と。

講演「聖書の中の<種をまく人>」では、12世紀の種まく人の様々な絵が紹介された。つまりミレーの「種をまく人」という主題は聖書の時代から描かれていて、ミレーだけが描いていたのではない。ただし、聖書の中の「種をまく人」の種はソバではなくムギだったのでは?というのは私の考え。

帰りに美術館のレストランでミレーにちなんだソバ粉のガレットを食べた。サクサクとしてとても美味しかった。中庭に目をやると美術館のガラス壁に「ミレーのノルマンディ・カフェ」と描かれていたのがムギの穂。ここはやはりソバでほしかった。

ミレ―展ガレット

ミレ―展ノルマンディ・カフェ

聞き書き『モガ・鹿乃ちゃんの百年―水筒と布袋』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

明日は8月15日。この日が近づくと、どうしても取り出してしまうものがある。そして、それは今のところどうしても処分できない物でもある。

1945年8月15日、私たち一家三人は内蒙古・張家口で敗戦を迎え、文字通り命からがら列車で北京を経て天津(テンシン)の収容所に入り、七か月余りを過ごした。
1946年3月末に日本へ引き揚げてきたときに身に着けていた父・謙吉の水筒と、まもなく4歳になる私の小さな布袋である。布袋は数年前に思い切って洗ったので、名前の布が白々としている。鹿乃子のものは残っていない。
「C-88」これが引揚時の私たち三人家族の身分番号だった。
丁寧に書かれた名前の布を、どのような思いで鹿乃子は縫い付けたのだろうか?日本に帰れる、喜びと不安と・・・。
私は昭和17年生まれだが、戦争の記憶は断片的なものだけだから、戦争を知っているとは言えないかもしれない。この二つの品は戦争の記憶の尻尾とでも呼べばよいのだろうか・・・。

引き揚げ時の水筒と布袋S
この汚い尻尾を、いつかは何とかしなければならない、と思いつつ何年も過ごしてきた。こんな物を身につける日がもう来ませんように・・・と思うために、捨てない自分がいるのかもしれない。

蓮見障子

今年は開花が早く、6月半ばから咲き始め、齊藤さゆりさんの「蓮の絵展」会期にあわせて、大小の蓮が良く咲いています。もう果托になってしまったのもいくつか・・・。

ギャラリー入口
室内から蓮をたのしめるように作った蓮見障子。今年は「蜀紅蓮」がなかなか良い姿で咲いています。蓮の花は4日の命、明日には散ってしまいます。

蓮見障子7月16日開花2日目S

蜀紅蓮開花2日目室内より

聞き書き『モガ鹿乃ちゃんの百年―桑の葉』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

雨模様のなか、車で久しぶりに近くの「寺家ふるさと村」に出かけた。田植えも大分前におわり、田んぼの苗はしっかりとした姿になっている。鹿乃子はここの緑の中を歩くのが好きだ。
5月半ばから風邪をひき、38度前後の熱が2週間ほど続いた。ベッドにいる時間がほとんどで、散歩もできなかった。熱がひいても一日ぼーっと窓の外を猫のように眺めていることが多くなり、テレビも新聞も見なくなった。
これはまずい、とりあえず週2回通っているデ―サービスを再開してみよう、と妹たちと決める。一日一回の散歩も再開するが、歩く距離は以前より短くなっている。
それから一カ月、大正二生まれはスゴイ、蘇ってしまった!
というわけで冒頭の「久しぶりの寺家ふるさと村散歩」となった。

 
寺家ふるさと村2 2014年6月27日
車で10分ほど移動する間にザーッとひと雨降ったので、田んぼも山も緑がいきいきとして美しかった。右手にステッキ、左手は私と手をつないで歩く。
「いいねー、ここ好きなんだ。樹があんなに大きくなって、いいねー」「あたしのお父さんは山林関係の仕事をしていたから、樹はいっぱい見ていただろうけど、あたしは子どもだったから、よく分からなかったけど、今はいいなーと思うよ」。私が聞いていようといまいとラジオのように喋りながら、歩く。
車に戻る途中で大きな桑の木を鹿乃子が見つけ、「桑の葉を見ると、蚕を飼ったのを思い出すよ」「小学校4年だった、近くに近藤さんていう友達がいてね、その人は四谷第二小学校であたしは第四だった」「その人のお兄さんがたしか早稲田の学生で、面倒見が良くてね、よく可愛がってくれたよ」「その人がね、蚕をくれたから家で飼ったよ。桑の葉をやってね」「繭になって糸もとったよ、糸巻きにね」「あの頃はすごく楽しかったよ」

クワの葉と鹿乃子1 1014年6月27日

何度も何度も「あの頃は楽しかったよ」と言う。
「近藤さんとはね、学校は違ったけど、お琴で一緒だったんだ」
この後、初めて聞く名前と話がでてきて驚いた。桑の葉を見つけただけなのに、繭玉から糸を引きだすように鹿乃子の話が自然にでてくる。