聞き書き『モガ鹿乃ちゃんの百年―富士山』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

我が家から車で15分ほどの蓮田に鹿乃子と出かけた。ステッキと私の腕につかまり、畔道を歩く。近くの広い珈琲店で軽い昼食をとる。急ぎのメールに返信する間、各種新聞、男性誌、女性誌、週刊誌の中から、『サライ』6月号「富士山を知る」を渡す。読むでもなく長い間じーっと表紙を眺めている。フルーツ添えフレンチトースト、サラダ、珈琲が運ばれ、食べながら『サライ』を横眼で眺めていたが、やおら「富士山の五合目まで行ったよ」と話しはじめる。
最近は聞き書きもなかなか進まず、同じ話ばかりが出てくるので実は行き詰っていた。
(「出た!初めての話だ!」)久しぶりにワクワクするが、今日に限ってメモ用紙もテープレコーダも持ち合わせず、とっさに備え付けの小さなアンケート用紙の裏に書きとる。

「二つ上のお姉さんの南海子さんと行ったんだ。面白かったよ。下から全部歩いてね」「この、歩くってのがなかなか良いんだね~」いくつの時?「20歳くらいだったと思う」「夏休みに行ったんだ。南海子さんは女子医専で、あたしは日本美術学校の学生だった」どんな服着て行ったの?「そりゃあスカートだよ。あの頃は若い女の人はズボンなんて穿いていないからね」「女の人はアルバイトなんかないから、山に行くお金は親から貰うんだけど、お父さんはシブい顔してた」「だってお父さんは農商務省の役人だったから、職業で山に登ることもあるけど、趣味で山に登るのにお金出すなんてネ」「遭難したら死ぬこともあるわけだから、イイ顔しなかったね」「シブい顔はしたけど、行くなとも言わなかったね」「たしか帰りに草津温泉に泊まったような気がする」突然唄いはじめる「♪草津よいとこ 一度はおいで あ、どっこいしょ お湯の中にも こりゃ 花が咲くよ ちょいな ちょいな♪」 「民謡は簡単だし変わらないからね」。

5月16日(金)快晴 午後1時。

 

 

 

聞き書き『モガ鹿乃ちゃんの百年―5月1日』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

朝9時半。母を近くのデ―サービスまで歩いて送る。空を見上げて「いい天気だねぇ」。通りまでの階段(62段)をステッキと私の腕につかまりながら降りる。
「うわー、あの緑は綺麗だねー」と立ち止ったのは柿の樹の前。柿若葉は本当に美しい。鹿乃子は毎年この柿若葉に感動する。

「お母さん、今日は5月1日だけど、何の日か覚えてる?」
「うん、覚えてるよ、メーデーだね」
「あのね、今日はお父さんの命日だけど・・・」
「あ、そうか。今日だったのか」「そうか・・・悪かったね、アハハハ」。何がおかしいのか何度も「アハハハ、そうか・・・お父さんは今日亡くなったのか・・・悪かった」と笑う。

1982年5月1日、父・謙吉は大動脈破裂で亡くなった。明け方病院で息を引き取り、葬儀の準備のため鹿乃子と私たち3人の姉妹は小ぬか雨の中を歩いて自宅に戻った。その道すがら鹿乃子が話していたのを鮮明に覚えている。「1カ月くらい前にね、お父さんがね、こんなことを言ってたよ」。

翫右衛門さん(註・前進座の)良い幕を引きましょう。僕は片手がちょっと不自由
なんで、うまく出来ないけど、手締めをしましょう・・・

安英さん(山本)、やっぱり大野屋の足袋は本物ですね。役者の足をちゃんと知っていて・・・

(天井をじっと見つめながら)ここから舞台を観るのも面白い、時には違った角度から舞台を観るのも必要だなァ。

根岸君は(門下生)は僕をむずかしい人だ、と言ったけど、でも味があるって・・・

舞台美術家だった吉田謙吉が亡くなったのは85歳、鹿乃子は69歳だった。16歳年上の夫の考えていることが自分が同じ年にならないと分からない、と私に言ったことがある。結婚相手は同じくらいの年の人が良い、とも。鹿乃子はとっくに85歳を超え、百歳五カ月を過ぎた。

謙吉は今年33回忌。戒名はない。

 

 

 

 

 

 

 

韓国大邱レポート・釜山駅で

大邱に行くには、釜山駅まで地下鉄で二駅、そこから新幹線KTXに乗り45分、一駅目。(東京から新横浜までという感じかな・・・。)。こう書くと簡単なのだが、韓国語が話せない、読めないから何かとウロウロすることに。先ず地下鉄の階段を大きなケースを持って降りる(私は蓮の食器や書籍を購入するので大きなバッグが必須)。ちなみに湯村さんはいつもショルダーバッグ一つのみ。前夜下見をしたにもかかわず改札口がすぐに見つからない。地下道を掃除しているオバチャンに「あっちあっち」と指さしで教えてもらう。そのオバチャンはずーっと姿がみえなくなるまで私たちを見守っていてくれた。
KTXチケットを購入中の湯村さん
湯村さんが日本でKTXのチケット購入の方法をブログで探し出し「記入すればよろしい」というものをプリントし、窓口に出したらすぐに購入できた。ブロガーさんに感謝!
窓口で身を乗り出し、チケット購入中の湯村さん。

さて、やっと釜山駅で朝食。

釜山駅朝食2釜山駅朝食1トックラーメン定食。トックは米粉の餅。
キムチは必須!

 

 

 

 

こちらはご飯つきチゲ定食。
チゲは鍋のこと。
豆の煮ものもついてきた。

 

 
朝から元気なご飯をいただいて、さあKTXに乗り込みましょう。

韓国大邱レポート・釜山の夕食

釜山一夜目、今夜はサムギョプサルかサムゲタンにしよう!
韓国にかぎらず、旅の楽しみの一つは食にあり。それも高級店ではなく、ごちゃごちゃと庶民がいっぱいいるところで、あるいは屋台で、というのが私たち二人だけで食事をするときの楽しみ方。
ホテルまで送ってくれた旅行社の中年女性添乗員曰く「韓国語は話せますか?駄目・・・。ハングルは読めますか?駄目・・・。うーん、それでは、明るくてお客さんがいっぱい入ってる店にしてください!」と。この一言を頼りに食事処を探しに出かける。ホテルの裏通りは賑やかな飲食街。ぶらぶらと色々な店を覗いてみるが、どうもイマイチ入りたい店がない。高級そうだがガランとして活気が無い店、オジサンたちがマッコリの瓶を並べて顔を真っ赤にして大声で叫んでいる店。路地裏も探索したが、二人が納得できる店がなかなか見つからない。成田を発ってから数時間、空腹はそろそろ限界だ。
「ここは?!」。広い通りの角店で、ガラス張り。明るい店内には家族連れ、カップル、女子グループ、男子グループがいて楽しそうだ。「入りましょ!」。
元気なオバチャンが飛んできて「ニホンジン?」日本語も書き込まれているメニューをテーブルに。隣近所の席を見まわし、先ずはお目当てのサムギョプサルを二人前注文。「足りないヨ。五人前くらい頼んで。安いから」「ワカリマシタ、じゃ五人前」。チャッチャと豚バラ肉、キムチ、モヤシを鉄板にのせて焼いてくれた。鉄板は斜めになっているから脂は程よく流れていき、うーんオイシイ!

釜山サムギョプサルS

サムギョプサル2

ロースも追加してしまった。満腹、大満足、ご馳走様でした!

ロース

ホテルの窓から遠くに見える釜山港には月が高く上っていた。明日は大邱に出発!

韓国・大邱レポート3

釜山空港到着後、ホテルへの送迎混載バスに乗り込む。フリープランなれど、ロッテホテル免税店に1時間ほど立ち寄ることになっているコースなので、入店。湯村さんと私はブランド高級品には全く関心がない。お茶でも飲んで他の方々が戻るのを待とう、と思っていたがティールームも無い。
そこで、広くて清潔なトイレ・パウダールームで時間を過ごすことに。

ロッテ免税店化粧室壁面1

壁面のインテリアは金属製のオブジェで、パウダールームにしてはなかなかアーティスティックだ。

ロッテ免税店パウダールーム

なにやらスケッチを始めた湯村さんを残し、売場に戻る。二女に「韓国に行ったら化粧品系を買ってきて」と言われたのを思い出したので。
色々な成分が入っているパックのなかで、今年はこれが一番人気という「かたつむりパック」を20袋購入。
パウダールームに戻ったら、湯村さんは清掃の女性スタッフを描いていた。

ロッテ免税店パウダールーム2

二人とも楽しそうでした。

韓国・大邱レポート2

エアー釜山Sエア釜山機内食往きS湯村さん機内でスケッチ中S今回は「エアー釜山」。
成田⇒釜山 2時間20分。快晴。
窓ガラスの白い丸は、釜山に近づくにつれ結露が凍っている?らしい。
着陸したら消えていました。

 

 

 

ちょっとしたランチ。ピラフとオレンジジュースのみ。シンプルでよろしい。

 

 

 

 

湯村女史は機内でスケッチ開始。
私はそばでコーヒーなんぞ
いただいて、邪魔をしないようカメラを
向けます。

2時間ちょっとの飛行機はあっと言う間。さて、今回の旅は何があるかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国・大邱レポート1

大邱パンフレット1

2013年11月、初めて韓国・大邱(テグ)に二日間だけだったが、出かけた。人口240万の都市だが、旅の目的は蓮。といってもとっくに花は終わっている。実は大邱の半夜月という地域は蓮根栽培が盛んで、蓮根シェアー率34%だそうだ。蓮料理を堪能した。蓮根栽培農家の方に会い、蓮田で掘るところも見せていただき、農業指導者の方にもいろいろお話を伺った。
薬膳料理店「笑談亭」でコース料理をいただき、オーナーのキム・スンラン先生には、厨房で薬膳蓮根料理も教えていただいた。韓国の美術工芸品には蓮がたくさん登場する。
李氏朝鮮時代の民画の蓮はユーモラスで大好きだが、その流れをくんだような食器類も入手できた。大邱のもう一つの顔は繊維だということを今回知った。これについても思わぬ収穫があった。
短時間にこれだけの収穫が得られたのは、ひとえに「大邱市 観光文化財課 日韓通訳」の丸山雅子さんのコ―ディネートと、格安旅を見つける達人でマンガ旅日記作者・湯村泰子さんのおかげだ。

ここ数年、蓮と蓮文化を追ってアジアに出かけている。北京、上海、台南、ハノイ、ホーチミン、そして今回の大邱。中国、韓国への旅は尖閣、竹島問題以後何となく躊躇していた。しかし蓮文化愛好者としては韓国を外すわけにはいかない。韓国料理には蓮も色々と登場する。この1年は食文化としての「蓮」を中心にした旅をしようと考えている流れの一つだ。初めての韓国は出かけてみたら、どこでも気持ち良く私の質問、疑問に応えてくださった。旅は国内外を問わず、相手の文化を知り敬い認める良いきっかけになると思う。
今回も「蓮は平和の象徴なり」という標語を掲げた大賀一郎・蓮博士の言葉を実感した旅だった。

写真は大邱駅の改札口を出た所におかれていた日本語パンフレット。丸山さんとの待ち合わせ場所が分からず、湯村さんと荷物を目立つ所に残し、構内の本屋で料理本を大急ぎでチェック、役に立ちそうなパンフレットをかき集めたうちの一つ。

 

 

 

 

 

 

マックロ節

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

朝刊を読んでいた鹿乃子が「あー、今日は桜島が噴火したんだね。よく覚えているよ」。
眼鏡はつかわずに大きな虫眼鏡で新聞を読む。
大正2年11月23日に鹿児島で生まれた鹿乃子は、桜島が噴火した時は一か月とちょっとだから覚えているはずはない。だがこの天変地異については家族でしばしば話題になっただろうから、それが自分の中で体験として記憶に残っているようだ。

風もなく穏やかな昼前、散歩にでて桜島の話を聞く。
「女中のカメがね、私を抱いて逃げたんだよ。たぶんオムツも一緒に持ってね。子どもが八人もいたから大変だったろうね」。

一冊の本がある。『啞蝉坊流生記』(添田啞蝉坊顕彰会 昭和31年刊)。
そえだ あぜんぼう(明治5年―昭和19年)はノンキ節などで有名な大正昭和の演歌師。牧伸二を思い浮かべていただけば分かりやすいが、その本には啞蝉坊作詞作曲の歌がズラリと載っていて、中に「マックロ節」という歌がある。

箱根山 昔は背で越す籠で越す
今ぢゃ夢の間汽車で越す
煙でトンネルはマックロケノケ

爪弾の 消えて聞えて又消えて
消えて聞えて又消える
邪魔な板塀 マックロケノケ

桜島 薩摩の国の桜島
煙吐いて火を噴いて破裂し(おこりだし)
十里四方が マックロケノケ

米で鳴る 陸奥に生まれて食えぬとは
嘘のようだが来て見やれ
いり藁松葉餅 マックロケノケ

唖蝉坊流生記表紙

添田唖蝉坊写真

 

 

 

 

 

 

 

二番はちょっと色っぽい。最後のいり藁松葉餅は究極の救荒食物で、藁や松葉を搗いて粉にし干したり蒸したりして餅状にしたものらしい。「マックロ節」が大流行になった時代背景が見える。
鹿乃子にマックロ節の話をしたら、通っているデ―サービスに演歌師がきて歌ってくれたという。
マックロ節をUチューブで聴いてみたら、何となくほっとするようなのんびりとしたテンポだった。

聞き書き『鹿乃ちゃんの百年―大正昭和の歌舞伎町』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

 

第五高女のあった場所は新宿歌舞伎町、コマ劇場のあったあたりだ。昭和6年当時の飛行機から撮った写真を卒業アルバムでみつけ、10月24日に載せた。そのころのことをもう少し知りたい、と思っていたら『新宿区の歴史』(新宿の歴史を語る会 代表・国友温太 名著出版 昭和52年刊)という書籍を鹿乃子の部屋で昨日偶然見つけた。何枚もの新聞広告を切った栞が挟まれている。いくつかの記事には鉛筆で○印がつけられ、傍線も引かれていた。鹿乃子の字で書きこみもある。そのなかの歌舞伎町という項に、まさしく第五高女の土地について書かれていた。その一部を引用させていただく。

明治時代、この土地は元九州大村藩主大村家の別邸でうっそうとした森林だった。大正のはじめ(鹿乃子は大正2年生まれ)土地が買収されて森林が伐採され平地となった。大正9年、現在の都立富士高校の前身である府立第五高等女学校がコマ劇場あたりに設置された(註・コマ劇場は平成20年に閉館)一般住宅が建ち始めたのは関東大震災以後である。戦前、ここは角筈一丁目北町会の区域で、一般庶民の住宅と店舗が入りまじっていた。昭和20年4月の空襲で灰燼に帰した。(後略)

歌舞伎町といえば今は少々コワイ地域になったが、鹿乃子がセーラー服をきて通った当時のことが、写真と文で少し具体的に想像できた。私には想像だが、鹿乃子にとっては鮮明な記憶なのだ。何枚もの栞を挟みながら何を思い出していたのだろうか?

第五高女卒業アルバム表紙

 

 

 

 

 

昭和六年 卒業アルバム

 

 

聞き書き『モガ・鹿乃ちゃんの百年―可愛いね~』

モガ鹿乃ちゃん2

 

 

秋晴れのなか、鹿乃子と近所を散歩する。向うからピンクの服を着た三歳くらいの女の子がお母さんと手をつないで歩いてきた。反対側の手にはプラスティックのバナナとリンゴが詰まった透明のビニール袋を握りしめている。「コンニチハ、美味しそうねー」と私。「ウン」と恥ずかしそうに頷いてすれ違う。小さな子どもを見ると鹿乃子はいつもこう言う。「可愛いねー、アタシも昔は可愛かったよ。可愛いねーって皆に言われたよ」。
なんと答えたものか・・・。
美味しいケーキ屋さんでカボチャのムースと珈琲を頼み、窓際の席に座る。鹿乃子はガラス越しに見える人達を眺めるのが好きだ。
「見られているなんて思わないで歩いている人を見るのは面白いねー」フッフッと嬉しそうに笑い、また通行人を観察する。「あ、シオザワサンだ、フッフッ、私たちがここにいるのを知らないからネ。フッフッ」(たまたま夫が私たちに気づかずに通り過ぎた)。
こんなことが楽しいのかしら?
「鹿児島で女中のカメによく散歩に連れて行ってもらった。西郷さんの大きな銅像を見上げたのを覚えているよ。鹿児島じゃ西郷さんは偉い人だからね。小さいときのことは良く覚えているもんだよ」。

ケーキもおまけのクッキーも珈琲も残さず飲んで、ピンクの花柄のステッキをつき、傾きかけたお日様を浴びながら家に帰った。